緊急避妊

緊急避妊について

料金
・15,000円 税込(OC 1シートを無料でおつけいたします)

緊急避妊のポイント

緊急避妊とは

避妊をしないでセックスしてしまったとか、コンドームが破けたなど、避妊の失敗が起こったような場合に、妊娠を防止する方法に“緊急避妊”があります。
その最も一般的な方法が、「緊急避妊薬(アフターピル)」と呼ばれる避妊薬の服用です。
緊急避妊薬とは、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)を主成分とした薬剤です。
無防備なセックスが行われた後、72時間以内に、しかもできるだけ速やかに所要量のピルを服用します。
どうして緊急に避妊ができるのかについてですが、患者様の月経周期のどの時期に、緊急避妊薬が服用されたかによって作用の仕方は異なってきます。
例えば排卵を抑制する、受精を妨げるなどが挙げられます。
妊娠の成立とは、受精卵が子宮内膜に着床(ちゃくしょう)することを言うのですから、いったん着床してしまい、妊娠が成立してからでは、緊急避妊薬は無効になります。
そのため緊急避妊薬の服用時期について繰り返しますが、無防備なセックスが行われた72時間以内(3日以内)に服用しなければならないのです。

緊急避妊薬の効果

緊急避妊薬が妊娠を防止するとは言っても、100%というわけにはいきません。
正しく服用した場合でも、約2%に妊娠を防止できない場合があると言われています。
仮に、緊急避妊薬が頻繁に使用されたとしても、低用量ピルを避妊目的で継続的に使用している女性に比べれば、妊娠率はかなり高くなってしまいます。
したがって、この方法は低用量ピルの代用とはなりえないものと、ご理解ください。
また、緊急避妊薬が本当に効いたかどうかは、服用後すぐにはわかりません。数日ないし数週間後に月経が来てはじめてわかることになります。1ヶ月程しても次の月経が発来しない場合には妊娠していないかチェックしてみる必要があります。

緊急避妊薬の安全性

緊急避妊薬の安全性についてですが、世界中では、1970年代半ばから使用されてきており、半世紀近い歴史があって、その安全性は確立されています。
ただし、低用量ピルと同様に、緊急避妊薬についてもやはり服用してはいけない人や、慎重な使用を要する人がいますので、少しでも不安な方は遠慮無くお尋ねください。
また、緊急避妊薬の副作用に関してですが、一時的に少し気持ち悪くなったりする程度の軽いものです。
なお、緊急避妊薬を服用しても効果が無く、妊娠してしまった場合についてですが、今まで知られている限りでは、異常妊娠であったり、赤ちゃんに異常が出たりといった報告はありません。

PAGE TOP