女性のがんドック

女性のがんドックについて

女性のがんドックでは女性特有のがんである、子宮がん、卵巣がん、および乳がんに関するがん検診をひと通り受診していただけます。

子宮がんの検査としては子宮頚がん細胞診および子宮体がん細胞診をおこない、また子宮頚がんの原因ウイルスとされているハイリスクタイプのヒトパピローマウイルスの感染の検索も行います。
卵巣がんに対しては、超音波検査に加えて、腫瘍マーカーの血液検査を行います。
乳がん検診としては、乳房の視触診および乳腺エコーを行います(マンモグラフィーはおこなっていません)。

婦人科系のがんは、万が一なってしまったとしても、他のがんに比べ治りやすいとされていますが、早期発見であればさらに治る見込みの高いがんです。1年に1回は検査しておくと安心です。

PAGE TOP